診療案内

ホーム#診療案内

診療時間

診療時間
月・火・木・金曜
午前 9:00〜12:00
午後 3:00〜6:00
土曜日
午前 9:00〜12:00
午後 2:00〜4:00
休診日
水曜・日曜・祝日

当院では、
「絶対に禁煙したい」「禁煙するのだ」という、強い『意思』をお持ちの方に、
禁煙補助薬「チャンピックス」を用いた禁煙治療を行います。

タバコをやめられないのは、ニコチン依存症と言う病気です
喫煙者の多くは、タバコが健康に良くないことをよくご存知です。しかし、いざ禁煙しようと考えて、自分ひとりの力で禁煙に成功するのは、とても難しいことです。
「タバコを吸う」と一口にいっても、その喫煙行動には、いろいろな要素を含んでいるからです

例えば、「**の時はタバコを吸う」など、タバコを吸いたいと特別意識していないのに、長年の習慣でタバコを口にしてしまう場合や、タバコを吸うと『ほっとする』とう実体験に基づいた心理的な依存、また、前回の喫煙から少し時間がたち、体のニコチン濃度が下がってくるとイライラなどの禁断症状があらわれ、これを解消するために行うタバコを吸ってしまう場合などもあるでしょう。このような、離脱症状(禁断症状)を起こす「ニコチン依存」は、医師やお薬の力を借りるのでなければ、自分ひとりでは、なかなか克服できるものではありません

ですが、ここで注意が必要です。
よく、「薬さえのめば簡単にやめられる」と勘違いされる方もおられますが、成功の鍵は、「絶対に禁煙したい」「禁煙するのだ」という、ご自身の強い『意思』です
禁煙補助薬『チャンピックス』を処方しても、強い意思がなければ、禁煙が成功することは難しくなります。

健康保険で禁煙治療を受けるためには
下記の要件を全て満たす方は、禁煙治療を健康保険等で受けることができます
□ ニコチン依存症を判定するテスト(TDS)で5点以上
□[1日の喫煙本数×喫煙年数]が200以上
□ 1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている
□ 禁煙治療を受けることに文書で同意している(→問診票などに、日付や自分の氏名を書きます。)


  • 禁煙スケジュール

一般的な禁煙治療の流れをご紹介いたします。

1:はじめに
当院は、禁煙補助薬「チャンピックス」を用いて禁煙治療を行います。
まずは、保険診療で治療が可能な「ニコチン依存症」であるか診断します。
また、禁煙補助薬「チャンピックス」の服用が可能か、健康状態を診察させていただきます。

内科のご病気で他院に通院中の方には、主治医の先生から、チャンピックスの内服が可能であるというご許可をおねがいしています
また、精神面のご病気のある方には、当院での実施は控えさせていただいております。
診断の結果、チャンピックスによる禁煙治療が可能ということになれば、禁煙開始日やその後の通院スケジュールを計画します。

2:禁煙治療の実際
・初回
呼気CO濃度測定など、治療前の状態を検査します。禁煙補助薬チャンピックスを処方します
禁煙補助薬チャンピックスは、治療導入時期(第1日~7日目)に服用する0.5mg錠と、第8日目以降服用する1mg錠があります
☆服用開始1日目から服用してから3日目までは0.5mg錠剤を1日1回、4日目から7日目まで、0.5mg錠を1日2回と、薬を徐々に薬を強くします。第8日目からは、いよいよ1mgを1日2回服用します
導入時期の第1~7日目までは、薬が弱いこともあり、タバコを吸ってもよいことになっています
もちろん、吸わなくてもいられるなら、この時点から禁煙スタートです!
☆第8日目からは、チャンピックス1mg錠を1日2回服用し、本格的に禁煙をスタートします。ここからは、タバコは絶対に吸ってはいけません。
禁煙補助薬チャンピックスはニコチンを含みませんが、ニコチンを吸ったときと同じ状態になっていますので、タバコを吸いたいという症状は抑えられています。
禁煙スタート日から、禁煙日誌の記録を開始してもらいます。


・2回目の受診
禁煙治療開始後の状態を診察し、その後の治療計画をたてます。
チャンピックスによる副作用がないか、第8日目から、1本もタバコを吸わずに過ごしているか、など、禁煙日誌を確認します。
問題がなければ、2週間分の処方をし、2回目の受診は終了です。

・3回目4回目
3回目と4回目の受診は、28日分(4週間分の処方)をします。
チャンピックスの服用は、導入期から数えて合計12週間服用をつづけていただきます。
途中で、もう服用しなくても大丈夫と言われることもありますが、治療後の再喫煙を防ぐためにも、12週間服用を続けていただきます。


5回目の診察
服用開始から12週間分の薬の服用を終了した後、最後の診察を行います。
身体の状態を診察し、禁煙成功の喜びを分かち合いしょう!


☆他の病院で治療を受けている方が禁煙治療を希望される場合、病気やお薬の内容によっては、当院での禁煙治療ができない場合があります。他の病院で治療中の方は、事前にお電話でお問い合わせください。

このページのトップへこのページのトップへ